--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年09月10日 (木) | Edit |
ある商品を、代理店さんに売ってもらうことになりました。

打ち合わせの席。

僕と営業マンAで、その商品を代理店にプレゼンします。
話を聞くのは、代理店の営業マンB氏。


その商品を仕入れるのは、代理店。
その商品を買うのは、一般のユーザーさん。


営業マンAは、せっせと商品の良さをアピールします。
慣れているので、よどみなくセールストークが出てきます。

相手の代理店営業マンB氏も聞き込んでます。



やがて。
Aの話を聞くB氏が、少し考えるような顔つきになってきたことに気付きました。

その商品の良さは分かっている様子で、そして明らかに仕入れたがっています。

なのに、時々、少し考えている。




なるほど、と気付きました。
僕らは、話す方向性を間違えていたのです。


B氏はその商品を売りたい。
なのに、B氏に一生懸命アピールしても仕方ないんです。

僕らはトーク内容を切り替えました。



伝える相手を考えるビジネス絵コンテ




「Bさん、こうやると売れますよ」と。

これを見た一般ユーザーはこう反応します。
だから、こう答えると、うまく行きます。

こんなこともよく聞かれます。
その時はこう言ってください。


B氏の顔は、晴れました。





テーマ:仕事の現場
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。